二重整形

二重まぶたを作る埋没法について

二重整形の1つである埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る手術になります。また、埋没法はまぶたをメスで切開する切開法と異なりメスを用いないので、切開法よりまぶたの痛みと腫れを抑えることができます。
ちなみに、埋没法で目を開いた時に動く筋肉と皮膚を糸で連結することにより、目を開ける時に皮膚が糸に引っ張られることで二重まぶたになります。埋没法による二重整形のやり方は、皮膚に1㎜程穴を開けて、穴から糸を埋め込むことになります。
埋没法にかかる時間は10~20分で終わるので、短時間で終わるプチ整形として扱われています。とはいえ、プチ整形である埋没法も手術になるので、まぶたの痛みや内出血が起こることになります。なので、埋没法を受けた後は、痛みや腫れを早く抑えるためにも、安静にしたりまぶたを軽く冷やすことが重要になります。
埋没法を受けた当日に体を動かすと、全身の血の巡りが良くなることでまぶたの痛みが進行することになります。そのため、安静にすることでまぶたの痛みを落ち着かせることになります。そして、軽く冷やす際も冷やし過ぎると、組織の回復が遅れるので冷やしたタオルで短時間冷やすのがポイントになります。二重まぶたを作る埋没法は、糸で二重まぶたを作るので抜糸して元のまぶたに戻すこともできます。

NEWS

2017年06月08日
二重にするための施術の種類を更新しました。
2017年06月08日
二重整形の種類と費用を比較してみようを更新しました。
2017年06月08日
二重整形の埋没法は腫れるの?を更新しました。
2017年06月08日
二重まぶたを作る埋没法についてを更新しました。

二重まぶたを作る埋没法について

二重整形の1つである埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る手術になります。また、埋没法はまぶたをメスで切開する切開法と異なりメスを用いないので、切開法よりまぶたの痛みと腫れを抑えることができます。ちなみに、埋没法で目を開いた時に動く筋肉と皮…

MORE


TOP

Copyright © 2017 大阪のクリニックで二重整形の施術を受ける際に注意すること All Rights Reserved.